挑戦手合三番勝負は2年連続で同じ顔合わせ。昨期、涙をのんだ橋口さんが久保さんとの熱戦を制し、リベンジを果たした。「普段通り、平常心で臨んだのが良かった。久保さんは読みの深さが違う。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加