「治水の神様」といわれ、田手川の水源となる「蛤(はまぐり)水道」を築いた鍋島藩家老の成富兵庫茂安の功績をたたえる「兵庫祭」が12日、吉野ケ里町松隈の蛤岳頂上付近に建つ水功碑前であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加