21世紀末には東京の気温は現在の屋久島並みに-。全世界で地球温暖化対策がまったく進まない場合、日本の年平均気温は20世紀末から4・5度上がるというシミュレーション結果を気象庁が公表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加