被害の深刻さは、時間の経過とともに浮き彫りになった。豪雨に見舞われた九州北部は6日、濁流と土砂で風景が茶色に変わっていた。道路は寸断され、流木が散乱。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加