大きな炎をたいて一年間の無病息災を願う「ほんげんぎょう」が7日、みやき町の白石神社広場であった。竹で組まれた高さ約15メートルの巨大なたいまつが赤々と燃え上がり、詰めかけた人々から歓声が上がった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加