政府が導入を進める罰則付きの残業規制について、安倍晋三首相は13日、連合の神津里季生会長と経団連の榊原定征会長に、繁忙期の上限を「月100時間未満」とするよう要請した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加