■収益力向上さらに貢献 昨年を振り返ると、英国のEU離脱問題や、米国大統領選挙の結果が世界の金融市場に瞬時に影響を及ぼすという変化の激しい年でした。当行においては、いろいろな意味で改革の年で、一番の変化は、皆さんの頑張りで14年ぶりに貸出金利息収入が増加に転じたことです。