【特選】「朱熹詩」大久保真帆(佐賀北2年) 落款(らっかん)との調和を意識しました。字形はあまり変えずに、線の潤渇、太細で動きをつけることを心掛けて書きました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加