東京電力は14日、福島第1原発1号機で溶け落ちた核燃料(デブリ)を調べるため、原子炉格納容器内部に、線量計やカメラを搭載した自走式ロボットを投入する調査を中断したと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加