佐賀県鳥栖市は、市が保有している全ての公共施設の現状を把握するため、初めて「市公共施設白書」を作った。これによると今後、老朽化による大規模改修や建て替えなどの費用が年平均12億円も増えると試算。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加