2015年国勢調査に基づく人口移動状況で、福島県のほぼ全ての世代で県外への転出が県内への転入を上回る「転出超過」となったことが14日、総務省の集計で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加