ラムサール条約の登録湿地の肥前干潟がある新籠海岸(鹿島市)に、九州北部豪雨の影響で倒壊したとみられる家屋の扉や柱のような角材、冷蔵庫などが大量に漂着している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加