■一体性重んじ分断回避 その通達は青天の霹靂(へきれき)だったろう。弘化5(1848)年2月10日。鹿島藩の江戸留守居役が、江戸の桜田にある佐賀藩の上屋敷に呼び出され、告げられた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加