佐賀市のエッジ国際美容専門学校(北島基晴理事)の学生約20人が7日、佐賀市の献血プラザさがを訪れ、献血した。「数十分の採血で救える命がある」と学生たちは献血への協力を呼び掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加