■「歌の材料、身の回りにある」 短歌結社「ひのくに」(江副壬曳子(みえこ)代表)は6日、佐賀市白山の佐賀商工ビルで、佐賀市出身の歌人・中島哀浪(あいろう)(1883~1966年)が詠んだ妻にまつわる…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加