写実から抽象まで多彩な表現の作品を並べる水彩連盟佐賀支部(白水会)の作品展が11日、佐賀市の県立美術館で始まった。支部会員、一般22人が自らの世界観を込めた作品を並べている。15日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加