受験シーズンを控え、多久市の小中一貫校中央校で10日、中学3年生97人に合格祈願のぜんざいを振る舞った。生徒たちは、つきたての餅を頬張りながら「粘り強く受験を頑張りたい」と誓った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加