福岡県と大分県を襲った記録的な豪雨は「線状降水帯」と呼ばれる帯状に連なった積乱雲がもたらした。過去にもたびたび災害の原因となってきただけに、気象庁は警戒を促す発信に追われた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加