鳥栖は開幕戦以来8試合ぶりに本拠地で黒星を喫した。前半2点をリードしながら、後半に3失点。フィッカデンティ監督は「対策したにもかかわらず失点したのは、準備が足りなかったことに尽きる」とこぼした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加