■災厄払い年越し 大みそかの深夜、寺々では除夜の鐘が突かれ、神社の境内ではたき火の爆竹がボンボンとはじける。 去りゆく年の災厄を払う「つご焚(た)き」である。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加