上峰町の北部にそびえ源為朝伝説が残る鎮西山の名を冠した酒「鎮西八郎」を造る計画が始動した。町内で収穫した米を使い、天吹酒造(みやき町)の協力を得て地元の住民団体が酒造りの各工程に参加する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加