佐賀市上下水道局は16日、将来の人口減による水道料金収入の悪化により、2028年度以降、収支が赤字になるとの試算を明らかにした。35年度には資金が枯渇する見込みで、それまでに料金値上げが必要となる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加