九州豪雨の被災地は10日、発生から6日目を迎えた。甚大な被害が出ている福岡県朝倉市では自衛隊や消防などが過去最大の2080人態勢で行方不明者の捜索を続け、新たに1人が心肺停止状態で見つかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加