3人が立候補した佐賀選挙区(改選数1)の序盤情勢は、組織力と知名度で勝る自民党現職の福岡資麿候補(43)が先行、民進党元職の中村哲治候補(44)は出馬の出遅れと知名度不足が響いて伸び悩む。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加