九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の重大事故に備え、原発から半径5キロ圏にある唐津市呼子町の加部島に住民が一時避難する放射線防護施設の整備費が、国の2016年度2次補正予算で21日採択された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加