警視庁サイバー犯罪対策課は16日、インターネットバンキング利用者の預金を、自動的に別口座に送金する新型ウイルスが昨年12月以降に国内で確認されたと公表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加