九州で初めて銅鐸(どうたく)鋳型が見つかった鳥栖市柚比(ゆび)町の国史跡・安永田(やすながた)遺跡の発掘成果をまとめた「九州の銅鐸工房 安永田遺跡」が刊行された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加