■発掘現場保存し公開 「出た!」-。平成元(1989)年3月2日、冷たい北風の吹く中、北墳丘墓の甕棺(かめかん)を発掘していた調査員から声が上がったそうです。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加