多久市の小中一貫3校は17日、市内の児童164人に「最後の卒業証書」を授与した。同市では4月から小中学校の垣根をなくす「義務教育学校」制度に移行するため、小学校としての卒業式は今回で終了する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加