松本純防災担当相は11日の記者会見で、九州北部の豪雨で発生した大量の流木が捜索や復旧の妨げになっているとして、関係省庁で連携して撤去や処理を加速させると表明した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加