■市やJA試験栽培行方に注目 「うれしの茶」の米国輸出を目指し、嬉野市やJA、生産者が試験栽培に本腰を入れている。課題は、国ごとに異なる残留農薬基準。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加