飲酒運転の車による事故で次女(当時21)を亡くした福岡県糸島市の大庭茂彌(しげみ)さん(69)が12日、武雄市の北方中で講演した。飲酒運転が続く現状を嘆き「君たちが社会を変えてほしい」と訴えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加