作業療法士と連携し、放課後児童クラブ(学童保育)で発達障害の小学生が過ごしやすい環境をつくる佐賀県内初の取り組みが、小城市の児童クラブで始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加