東日本大震災発生から約2週間後、有志4人でトラックに物資を満載して石巻や南相馬を回った。当時は武雄市の職員。その年の9月から1年間、復興支援財団に出向し、現地でニーズを探って支援に奔走した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加