全日本アーチェリー連盟は18日、東京都内で記者会見し、2020年東京五輪でのメダル獲得を見据えた日本代表の新体制を発表し、男女の監督に佐賀市出身の田中伸周氏(51)が就任することが決まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加