六回に打者一巡の攻撃で畳み掛けた致遠館が粘る神埼を振り切った。 致遠館は六回、3番江頭直、4番宮地の連打などで1死二、三塁とし、6番野口の中前適時打で2点を先制した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加