■メニューさぐる 農地を荒らすイノシシ被害を減らし、しし肉料理の特産化を目指そうと「しし肉シンポジウム」が16日、吉野ケ里町の東脊振健康福祉センターきらら館で開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加