災害救助や空中消火に出動する消防防災ヘリコプターについて、佐賀県は16日、各市町による人件費負担などを条件に導入する方針を示した。県市長会は県が示した条件に理解を示し、県町村会にも反対意見はない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加