有田焼の誕生に寄与した朝鮮半島出身の陶工が、江戸時代に望郷の宴で舞ったとされる「ヒウラク舞」の再現行事が18日、有田町の観音山山上であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加