柿右衛門窯に入って37年。上絵一筋に続けてきた。今の仕事の絵の具は赤と黒の2色が基本。赤で咲き誇る花を表現し、黒で枝を生き生きと描く。「最小限の線でいかに表現するか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加