レットル佐賀―琉球コラソン 前半、シュートを狙うレットル佐賀の成田幸平=沖縄県立武道館

 第48回日本ハンドボールリーグ第22週最終日は12日、沖縄県立武道館などで行われた。男子のトヨタ紡織九州レッドトルネードSAGA(レットル佐賀、神埼市)は琉球コラソン(沖縄)に39―25で快勝。リーグ戦4連勝を飾った。通算成績は11勝1分け2敗(勝ち点23)で、順位は変わらず3位。

 前の試合から中1日で敵地に乗り込んだレットル佐賀は、前半から主導権を握り、中田航太や橋本駆らが得点を重ねてリードを奪った。守備では成田幸平や酒井翔一朗を中心に相手の攻撃を封じ、10点差をつけ、折り返した。

 後半は立ち上がりから3連続失点を喫したが、中田や成田などが確実に好機をものにし、流れを渡さなかった。終盤には田中大斗が連続得点を奪い、試合を決定づけた。

 次戦は18日午後1時から、埼玉県の和光市総合体育館で大崎電気(埼玉)と対戦する。