九州電力玄海原発1号機(東松浦郡玄海町)の廃炉に関し、佐賀県と玄海町は12日、九電に対して安全協定に基づき廃止措置計画の実施を了解した。九電は2043年度の完了を目指し、費用は約365億円を見込む。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加