予選リーグ4パート・佐賀清和―国東 意表を突きブロックをかわす佐賀清和の内田美羽(奥)=鳥栖市民体育館

予選リーグ6パート・佐賀学園―鹿児島城西 スパイクを打つ佐賀学園の山﨑姫楽(右から2人目)=鳥栖市民体育館

 第34回全九州高校選抜バレーボール大会が10日、鳥栖市のサロンパスアリーナなどで開幕した。初日は男女の予選グループ戦が行われ、佐賀県勢は男子の佐賀商、女子の佐賀清和と佐賀学園が1勝ずつを挙げたが、準々決勝には進めなかった。

 大会は、秋に佐賀県で開かれる国民スポーツ大会のリハーサル大会として実施された。最終日は11日、同アリーナと吉野ヶ里町文化体育館で男女の決勝までがある。(小部亮介)

 

 =県勢の成績=

 【男子】予選グループ戦1パート 大村工(長崎)2―0北陵、鹿児島商2―0北陵▽同4パート 長崎南山2―1佐賀商、佐賀商2―0日章学園(宮崎)▽同6パート 鎮西学院(長崎)2―0佐賀学園、日向学院(宮崎)2―0佐賀学園▽同8パート 川内商工(鹿児島)2―0佐賀工、西原(沖縄)2―0佐賀工

 【女子】予選グループ戦1パート 東九州龍谷(大分)2―0鳥栖商、熊本商2―0鳥栖商▽同4パート 佐賀清和2―0国東(大分)、北九州(福岡)2―0佐賀清和▽同6パート 鹿児島城西2―0佐賀学園、佐賀学園2―1福岡魁誠▽同8パート 熊本信愛2―0鹿島、鹿児島女子2―0鹿島