北朝鮮船籍とみられる船舶が7日、日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、水産庁の漁業取締船に小銃の銃口を向けていたことが分かった。日本政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮側に抗議した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加