2013年に続き、現職と新人の一騎打ちとなった小城市長選。「平成の大合併」以降、県内では少数派となった新市初代首長に、多選への批判を強める女性候補が挑む形となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加