県柔道整復師会(富永敬二会長)の45人は、吉野ケ里歴史公園とさが水ものがたり館でランナーの体のケアを担った。ストレッチやテーピングで疲れや痛みを和らげ、ゴールテープを切る手助けをした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加