総務省は12日、九州北部の豪雨で被災した福岡県と大分県の5市町村に、計23億7600万円の普通交付税を前倒しで配分すると発表した。対象は福岡県の朝倉市と添田町、東峰村、大分県は中津市と日田市。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加