夏恒例の第44回七夕書道展覧会(佐賀県書道教育連盟主催)で、初めてとなる席上揮毫(きごう)大会が25、26の両日、佐賀市鍋島町の同連盟会館で開かれた。参加した700人が真剣な表情で清書した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加