南北朝争乱期の1350(観応元)年、北部九州は南朝方の「懐良(かねよし)親王・菊池武光」、北朝方の「鎮西管領一色範氏(いっしきのりうじ)」、足利尊氏の幕府支配に造反する「足利直冬(ただふゆ)・武藤(…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加