嬉野市の塩田工業高の生徒が、鹿島建築士会(中田昭則会長、59人)から伝統的な建築について学ぶ現地実習が10日、同市の重要伝統的建造物群保存地区「塩田津」であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加